ストランディング(鯨類の座礁等)

イルカやクジラが座礁・漂着・混獲したら

?イルカやクジラの座礁・漂着・混獲・河川港湾への迷入など、通常の生息状態ではない状態にあることをストランディングと言います。
生きたまま座礁・迷入した場合は,うまく扱えば命を救うことが出来ることもあります。
鯨類は洋上ではなかなか細部まで観察できないため,ストランディングによって死んでしまった個体は貴重な科学標本です。
ストランディングの個体調査から新種が発見されることもあります。
ストランディングにであった場合,どのように対処したら良いかを,ここにまとめておきます。

  1. 生存しているかどうか確認してください
  2. 北海道内の場合、いるかくじら110番へご連絡下さい。090-1380-2336
  3. 写真等で記録を取ってください。
  4. 生存している場合は,状況に応じて,海に戻す努力をしてください。
    • 噴気口をふさぐと窒息してしまいます。噴気口からの呼吸を確保してください。
    • 噴気口に水をかけると,肺炎など致死的なダメージを受けることがあります。体が乾くのはよくありませんが,致死的なダメージにはなりません。
    • 暴れるなどした場合,救出する人間が怪我をする可能性もあります。
    • 病気を持っている可能性もあります。もしかしたら人間に感染するかもしれません。注意してください。
  5. 死亡している場合は,専門家の指示に従って,報告を行ってください。
    • うち上がったクジラやイルカは,大変貴重な科学資料です。場合によっては,新種の発見につながる可能性もあります。なるべく,専門家の調査を依頼してください。
    • 国立科学博物館や日本鯨類研究所は座礁したクジラに関するデータ収集を行っています。
    • 専門家が派遣されない場合は,以下の項目について可能な限り計測をして,日本鯨類研究所に報告をしてください。

ストランディングレコード報告

北海道のストランディングは、ストランディングネットワーク北海道がとりまとめ、日本鯨類研究所や国立科学博物館に報告しています。

道外のストランディングについては、日本鯨類研究所がとりまとめています。
報告先:(財)日本鯨類研究所 ストランディングレコード係 Tel: 03-3536-6521

調査員が出向かない場合は、現地で、以下の項目を可能な限り記録して下さい。

報告項目(記録用紙参照

  • 調査者名
  • 所属
  • 連絡先電話番号
  • 種別 座礁・海上漂流/混獲/港湾等への迷入
  • 種類
  • 頭数
  • 発見日時と生死
  • 調査日時と生死
  • 座礁場所
  • 座礁状況
  • 体長
  • 性別
  • ヒゲ板の有無
  • 歯の有無
  • くちばしの有無
  • 背びれの有無
  • 尾鰭中央分岐の有無
  • のどの溝の有無
  • 背びれ上面の白色帯の有無
  • 体の色
  • 全身写真(側面・腹面)・頭部・生殖孔
  • DNA用サンプル(表皮・筋肉を一個体ごとに2㎝角に切り取り冷凍保存)
  • 部分長計測(記録用紙参照)

snh_banner

関連情報

CyberChimps