授業

基礎水産資源学

水産学部2年 夏学期 1単位
海洋や内水面に現存する天然の水産資源を持続的に利用する具体的な技術を明らかにすることは,水産学に対する重要な社会的要請項目である。水産資源学は生態学,漁業学,統計学を基盤として,乱獲を防止するための具体的な技術論を開発してきており,社会に大きく貢献している。この学問は,19世紀初頭に機船漁業が始まり大規模な乱獲が起こって以来,継続して発展しており,数多くの教科書が出版されるなど,一つの学問として確立しており,公務員試験においても頻出分野である。水産行政および水産研究をおこなっていく上で,その基礎として必ず修得しておくべきである。
この授業では,水産資源学の基礎を網羅し,基本的な考え方と手法を教授する。
MORE

水産資源学

水産学部海洋生物科学科3年 秋学期 2単位
水産資源学は,資源の持続的有効利用をするための技術,およびその背景にある科学的知見に関する学問である。水産試験場・水産研究所等,水産資源や漁業に関する試験・研究機関で広く研究されており,これらの研究機関に就職を希望する学生は受講を薦める。この授業では,水産資源生物の性質を理解し,その管理・運用について立案する能力を習得する。
MORE

海洋生物学実験

水産学部海洋生物科学科3年 夏学期 1単位
資源生物学に関する実験を行い,これらを体験・修得する。具体的には,魚類プランクトンの形態観察と発育段階区分,魚類の食性解析,魚類耳石日周輪の観察,資源管理指標の解析(成長曲線,VPA)などを行う。
MORE

環境と人間 海のふしぎ-海と人との関わり-

全学教育科目1年 2学期 1単位
海洋をキーワードにして,海洋生物とその生活の場である海洋という環境に関する基礎を学び,海洋生物のユニークな生態や形態から動物の行動を理解する。また,漁業を含めた人間活動と海洋生物との関係,地球温暖化を含む地球規模での気候変化が海洋生態系に与える影響と対策を理解する。
MORE

乗船実習

海洋生物科学科3年 夏休み集中 1単位
沖合生態系を実感するための基礎航海であり,トロール,海洋観測,目視観測などの海洋調査を体験し,海洋生物学・海洋化学・海洋物理学に関する解析方法を演習する。屋外で得られた海洋生物学的データを用いて,沖合生態系構成種の形態学的特徴や生態学的特性を理解する。また,海洋観測データ(CTD観測と海水分析)を用いて海洋構造と3次元的な流れ場や化学過程を把握し,これらの物理・化学海洋環境と生物の相互作用を考察する。
MORE
CyberChimps