Research Consepts

美味い刺身が喰いたい
乱獲防止の科学 水産資源学

いつまでも,美味い刺身を食べ続けたい。そのためには,水産資源(さかな)を絶やさないように,上手に利用し続けなければなりません。松石研究室では,乱獲防止の研究をする「水産資源学」を研究しています。松石研究室で行っている研究内容の一端をご紹介しましょう。

 

数える

海の中のさかなの数を知ることが乱獲防止の第一歩です。松石研究室では,国や都道府県がまとめた漁業統計や市場の伝票などから,資源量(漁場にいるさかなの数や重量)を推定する方法を研究しています。
現在は,魚の年齢を一尾ずつ調べる「国勢調査」を行い,今後の数の変化を予測する方法(コホート解析)が主流ですが,年齢を調べるのに大変手間がかかります。松石研究室では,体長や体重を用いて,もっと簡単にさかなの数を調べる方法を開発しました。また,鯨類を含め,様々なさかなの資源量を調べています。

 

調べる

水産資源(さかな)にはいろいろな物が含まれます。魚類は勿論,イカ・タコ・貝類・海藻類・鯨類も水産資源です。そして,それぞれの資源には,それぞれの特徴があります。
たとえば,資源によっては,親が多ければ子が多くなるとは限りません。限られた餌を子同士が争って,生き残らない事もあります。どの程度の親がいるときにどの程度子供が生き残るか(再生産関係)を調べると,適切な間引きを行うことができます。
また,さかなの年齢や成長を調べることも資源の特徴を知るために重要です。
さかなの特性を調べることはそれぞれの資源の乱獲防止に重要です。

 

獲る

禁漁する事だけが,乱獲の防止ではありません。禁漁になってしまっては,美味しい刺身を食べることが出来ません。松石研究室はなるべく禁漁をせず,獲り続けながら資源を守る方法を検討しています。
そのためには,どのようなさかなの獲り方をしたら,将来に乱獲が起こりにくいのかを予測する必要があります。さかなの増減は,環境によっても左右される不確実なものですので,正確な予測はなかなか出来ません。しかし,コンピュータ上でさまざまな環境が起こる場合を想定して計算することによって,資源管理を行い漁獲方法や漁獲量を変えた場合に乱獲が起こる確率を計算することができます。
このような研究成果は,資源管理の現場に生かされています。


現在行われている研究
それぞれの研究については、以下のページをご覧下さい。

 

資源管理・資源解析 Fishery Management
┣遊漁管理 Sports Fishing Management
VPA Virtual Population Analysis
自然死亡係数 Natural Mortality
鯨類 Cetology
ネズミイルカ Harbour Porpoise
ストランディング(鯨類の座礁等)Stranding
┣鯨類の食性研究 Diet
鯨類音響解剖学 Acoustics
┗ツチクジラ Berardius

紹介記事

CyberChimps