今までのメンバー

年度 氏名 学年 研究テーマ 進路
1996 松石 隆 助手 水産資源学 継続
高島 義信 研究生 画像解析による年齢査定法の開発 進学
岩田 和之 M1 数理モデルにもとづく最適種苗放流方策の検討 進学
上田 祐司 G4 「マダラの体重組成に基づくコホート解析」 進学
倉地 宏樹 G4 「道南海域におけるヒラメの移動生態について」 就職(北海道漁業組合連合会)
立川 大地 G4 「コホート解析の精度評価に関する研究」 在学
1997 松石 隆 助手 水産資源学 継続
高島 義信 D1 画像解析による年齢査定法の開発 進学
岩田 和之 M2 「数理モデルにもとづく最適種苗放流方策の検討」 進学
上田 祐司 M1 体重組成に基づくコホート解析法(WPA)による資源量推定とタラ類の資源管理に関する研究 進学
森田 健太郎 M1* サケ科魚類の生活史に関する研究(菅野研) 進学
池内 理人 G4 「種苗放流のシミュレーションモデル」 卒業
坂本 立羽 G4 「鱗の画像解析による魚類の年齢査定」 卒業
立川 大地 G4 コホート解析の精度評価に関する研究 進学
1998 松石 隆 助手 水産資源学 継続
高島 義信 D2 画像解析による年齢査定法の開発 進学
上田 祐司 M2 「体重組成に基づくコホート解析法(WPA)による資源量推定とタラ類の資源管理に関する研究」 進学
森田 健太郎 M2* サケ科魚類の生活史に関する研究(菅野研) 進学
立川 大地 M1 汎用漁獲モデルの作成と資源量推定法の精度評価 進学
上野 哲郎 G4 「道南陸奥湾のマダラの雌雄別成長曲線」 卒業
太田 武行 S4 「個体ベースモデル(IBM)に基づく種苗放流方策の検討」 進学
菅原 裕和 G4 「遊漁と漁業の競合をどうしよう? 洞爺湖で資源管理を考えてみた」 卒業
舟橋 和宏 S4 「北海道南部海域におけるヒラメ(Paralichthsys olivaceus)の成長と成熟について」 卒業
音瀬 静恵 S4 調査捕鯨参加のため休学 在学
1999 松石 隆 助手 水産資源学・鯨類学 継続
高島 義信 D3 画像解析による年齢査定法の開発 進学
上田 祐司 D1 マダラの資源管理に関する研究 進学
森田 健太郎 D1* サケ科魚類の生活史に関する研究(菅野研) 進学
立川 大地 M2 「汎用漁獲モデルの作成と資源量推定法の精度評価」 卒業
太田 武行 M1 種苗放流の生態系への影響に関する研究 進学
池田 尚聡 M1* サクラマスの量的遺伝に関する研究(菅野研) 進学
音瀬 静恵 S4 「南極海索餌海域におけるシロナガスクジラの潜水行動様式」 卒業
川村 奈美江 S4 「エゾボラモドキNeptunea intesculpta(Sowerby)の年齢形質と成長」 就職(リクルート)
永田 将人 G4 「漁獲による成長曲線の歪み」 卒業
成田 厚博 S4 「洞爺湖におけるヒメマス等の遊漁実態」 進学
横田 聡 S4 「小型魚の漁獲が資源に与える影響」 進学
2000 松石 隆 助手 水産資源学・鯨類学 継続
高島 義信 D3 画像解析による年齢査定法の開発 進学
上田 祐司 D2 マダラの資源管理に関する研究 進学
森田 健太郎 D2* サケ科魚類の生活史に関する研究(菅野研) 進学
太田 武行 M2 「個体ベース生活史モデルにもとづく種苗放流方策の検討」 進学
池田 尚聡 M2* 「飼育条件の設定を変えた遺伝率推定のシミュレーション実験」(菅野研) 進学
成田 厚博 M1 洞爺湖ヒメマス資源の管理に関する研究 進学
横田 聡 M1 小型魚漁獲の資源への影響と管理に関する研究 進学
笠原 智子 S4 「洋上での鯨類の種判別法」 卒業
坪井 潤一 S4 「キャッチ&リリースされたイワナの成長・生残・釣られやすさ」 進学
中村 真歩 S4 「成長の雌雄差を考慮した資源評価法」 就職(緑書房)
2001 松石 隆 助手 水産資源学・鯨類学 継続
高島 義信 D3 画像解析による年齢査定法の開発 進学
上田 祐司 D3 マダラの資源管理に関する研究 進学
森田 健太郎* D3 サケ科魚類の生活史に関する研究(菅野研) 進学(東京大学)
池田 尚聡 D1 2次元空間シミュレーションによる鯨類資源量推定法の検討 進学
太田 武行 D1 種苗放流の生態系への影響に関する研究 就職(鳥取県庁)
横田 聡 M2 小型魚漁獲の資源への影響と管理に関する研究 就職
成田 厚博 M2 洞爺湖ヒメマス資源の管理に関する研究 就職(高等学校)
早狩 千秋 M1 噴火湾産エゾボラモドキの年齢と成長 進学
坪井 潤一 M1 イワナのキャッチ&リリースによる釣られやすさの変化 進学
木元 愛 S4 ABCの算定法の妥当性の検定 進学
本野 吉子 S4 シロナガスクジラとピグミーシロナガスクジラの判別について(遠洋水産研究所) 進学
2002 松石 隆 助手 水産資源学・鯨類学 継続
上田 祐司 水産科学奨励研究員 マダラの資源管理に関する研究 博士号取得 研究生
高島 義信 D3 画像解析による年齢査定法の開発 就職
池田 尚聡 D2 2次元空間シミュレーションによる鯨類資源量推定法の検討 進学
早狩 千秋 D2 噴火湾産エゾボラモドキの年齢と成長 就職(新潟県水産試験場)
坪井 潤一 M2 イワナのキャッチ&リリースによる釣られやすさの変化 就職(山梨県水産試験場)
木元 愛 M1 シミュレーションによるABCの算定法の妥当性の検討 進学
本野 吉子 M1 ネズミイルカの環境認知に関する研究 進学
田中 玲良 M1 洞爺湖のヒメマスの資源管理に関する研究 進学
斉藤 朋子 S4 鯨類の潜水行動に関する研究 進学
2003 松石 隆 助教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 継続
池田 尚聡 D3 2次元空間シミュレーションによる鯨類資源量推定法の検討 進学
山口 宏史 D1(社会人) 水産資源の管理とその効果予測に関する研究 進学
Md. Monir Hossain(Bangladish) 大学院研究生 余剰生産モデルによる資源量推定 進学
木元 愛 M2 シミュレーションによるABCの算定法の妥当性の検討 進学
本野 吉子 M2 ネズミイルカの環境認知に関する研究 就職(函館市役所)
田中 玲良 M2 洞爺湖のヒメマスの資源管理に関する研究 就職
齋藤 朋子 M1 鯨類の潜水行動に関する研究 進学
三浦 健治 研究生 鯨類の鳴音に関する研究 就職
常田  悠 B4 ネズミイルカの行動に関する研究 他大学進学
毛利 隆志 B4 スケトウダラの資源管理に関する研究 進学
内田 愛子 研究補助員 研究補助 任期満了
2004 松石 隆 助教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 継続
池田 尚聡 D3 2次元空間シミュレーションによる鯨類資源量推定法の検討 単位取得退学 奨励会研究員へ
山口 宏史 D2(社会人) 水産資源の管理とその効果予測に関する研究 進学
Md. Monir Hossain(Bangladish) D1 ECOPATHによる資源管理 進学
木元 愛 D1 シミュレーションによるABCの算定法の妥当性の検討 進学
齋藤 朋子 M2 「鯨類目視調査におけるクロミンククジラの発見に影響を与える要因に関する研究」 就職
毛利 隆志 M1 スケトウダラの資源管理に関する研究 進学
清水 大介 B4 「遊漁釣獲量調査に基づく洞爺湖ヒメマス資源動態に関する研究」 進学(北大FSCへ)
宮下 篤子 B4 「ネズミイルカの鳴音の周波数変化について」 卒業 留学
山崎 拓也 B4 「漁獲量と価格を考慮した資源評価」 就職
松岡 恵子 研究補助員 研究補助 任期満了
2005 松石 隆 助教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 継続
山口 宏史 D3(社会人) 水産資源の管理とその効果予測に関する研究 進学
Md. Monir Hossain(Bangladish) D2 ECOPATHによる資源管理 進学
木元 愛 D2 シミュレーションによるABCの算定法の妥当性の検討 進学
坂本渚 大学院研究生(-2005.10) 小型鯨類の生態と分布に関する研究 就職
毛利 隆志 M2 スケトウダラの資源管理に関する研究 就職
石上 朋子 B4 ネズミイルカについて 卒業・留学
北出 輝雄 B4 ホッケの資源管理について 就職
原田 弥永子 B4 価格変動を考慮した資源管理 就職
池田 尚聡 研究補助員 2次元空間シミュレーションによる鯨類資源量推定法の検討 継続
吉田 綾 研究補助員 研究補助 継続
2006 松石 隆 助教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 継続
山口 宏史 D3(社会人) 水産資源の管理とその効果予測に関する研究 継続
Md. Monir Hossain(Bangladish) D3 ECOPATHによる資源管理 専門研究員へ
木元 愛 D3 シミュレーションによるABCの算定法の妥当性の検討 継続
加藤 紘一 4年(未来大) ネズミイルカの行動と認知に関する研究 就職
中安 幸男 4年(道東海大) ネズミイルカの生態に関する研究 就職
柴田 泰宙 B3 鯨類の資源量推定に関する研究 継続
池田 尚聡 研究補助員 2次元空間シミュレーションによる鯨類資源量推定法の検討 就職
吉田 綾 研究補助員 研究補助 継続?
2007 松石 隆 助教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 継続
Md. Monir Hossain(Bangladish) 専門研究員 ECOPATHによる資源管理 専門研究員へ (在カナダ)
山口 宏史 D3(社会人) 水産資源の管理とその効果予測に関する研究 継続
木元 愛 D3 シミュレーションによるABCの算定法の妥当性の検討 継続
田口 美緒子 D1 日本沿岸のネズミイルカの個体群構造 継続
柴田 泰宙 B4 鯨類の資源量推定に関する研究 進学
中西 勇貴 B4 先獲り後獲り問題に関する研究 進学
吉田 綾 研究補助員 洞爺湖の資源管理に関する研究補助 継続
2008 松石 隆 准教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 鯨類の座礁・漂着・混獲に関する研究 継続
木元 愛 専門研究員 シミュレーションによるABCの算定法の妥当性の検討 就職(遠水研)
山口 宏史 D3(社会人) 水産資源の管理とその効果予測に関する研究 継続
田口 美緒子 D2 日本沿岸のネズミイルカの個体群構造 継続
柴田 泰宙 M1 鯨類の資源量推定に関する研究 継続
中西 勇貴 M1 先獲り後獲り問題に関する研究 継続
香月 弘太郎 B4 魚の価格について 進学(FSC)
古賀 友子 B4 洞爺湖の資源管理に関する研究 進学(札幌)
坂元 克行 B4 ネズミイルカのエコロケーションについて 就職(家業)
吉田 綾 研究補助員 洞爺湖の資源管理に関する研究補助 継続
2009 松石 隆 准教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 鯨類の座礁・漂着・混獲に関する研究 継続
田口 美緒子 D2 日本沿岸のネズミイルカの個体群構造 継続
柴田 泰宙 M2 鯨類の資源量推定に関する研究 継続
中西 勇貴 M2 先獲り後獲り問題に関する研究 継続
鎌谷 菜つみ B4 漁業管理方策について 進学
吉田 綾 研究補助員 洞爺湖の資源管理に関する研究補助 継続
2010 松石 隆 准教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 鯨類の座礁・漂着・混獲に関する研究 継続
鎌谷 菜つみ M1 漁業管理方策について 進級
関口 実穂 M1 ネズミイルカの鳴音について 進級
蘇 宇 (中国) 学部研究生 内水面漁業管理 進学
E. A. Sweke (タンザニア) 学部研究生 内水面漁業管理 進学
小野 雄大 B4 鯨類の捕食が漁業管理に与える影響 進学
佐橋 玄記 B4 イワナとヤマメの生活史戦略 進学
馬場 真哉 B3 (12月~) 進級
日野 晴彦 B3 (12月~) 進級
松田 純佳 B3 (12月~) 進級
Pavarot Noranarttragoon (Thai AIT) 訪問研究員 (5月~7月) PR 終了
Jariya Kankamnerd (Thai SEAFDEC) 訪問研究員 (7月) Emergy analysis 終了
吉田 綾 研究補助員 洞爺湖の資源管理に関する研究補助 任期満了
2011 松石 隆 准教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 鯨類の座礁・漂着・混獲に関する研究 継続
鎌谷 菜つみ M2 漁業管理方策について 就職(北海紙管株式会社)
関口 実穂 M2 ネズミイルカの混獲防止装置の開発 就職(公務員)
蘇 宇 (中国) M1 洞爺湖ヒメマスのVPAによる資源量推定 進級
E. A. Sweke (タンザニア) M1 洞爺湖ヒメマスのCPUEの標準化 進級
小野 雄大 M1 MSVPA 進級
佐橋 玄記 M1 イワナとヤマメの生活史戦略 進級
馬場 真哉 B4 漁況予測の有用性について 進学
日野 晴彦 B4 洞爺湖ヒメマス遊漁実態 進学(東京大学)
松田 純佳 B4 イシイルカの胃内容物解析 進学
Namfon Imsamrarn (Thai SEAFDEC) 訪問研究員 (9月) Fisheries information collecting system 終了
2012 松石 隆 准教授 資源量推定および資源管理に関する研究ネズミイルカの混獲防止に関する研究 鯨類の座礁・漂着・混獲に関する研究 継続
小野 雄大 M2 仮想生態系モデルを用いた単一種VPAと多種VPAの資源量推定精度比較―多種モデルによる資源評価はより正確か― 就職(セイコーマート)
佐橋 玄記 M2 Diversity of secondary sexual characteristics in pink salmon among rivers (カラフトマスにおける二次性徴の河川間変異) 進学(北大FSC)
蘇 宇 (中国) M2 チューニングVPA法を用いた洞爺湖産ヒメマスの資源評価 進学
E. A. Sweke(タンザニア) M2 Catch rate analysis of sockeye salmon Oncorhynchus nerka and factors affecting it: Recreational angling in Lake Toya, Japan(洞爺湖産ヒメマスの遊漁者による単位努力量あたり釣獲量の解析) 進学(桜井研)
馬場 真哉 M1 漁況予測の有用性について 進級
松田 純佳 M1 イシイルカの胃内容物解析 進級
村上 祐一 M1 水産資源管理に関する研究 進級
黒田 実加 B4 ネズミイルカ(Phocoena phocoena)のクリックス放射過程に関する音響学的検証 進学
芳山 拓 B4 北海道における日本系カラフトマス(Oncorhynchus gorbuscha)の卵サイズ変異 進学
渡邊 悟史 4年(未来大) ネズミイルカの混獲防止装置の開発 卒業
Mohd TAMIMI bin Ali Ahmad(Malaysia SEAFDEC/MFRDMD) 訪問外国人研究員AASPP (11月)MSVPA 終了
2013 松石 隆 准教授 資源量推定および資源管理に関する研究ネズミイルカの混獲防止に関する研究 鯨類の座礁・漂着・混獲に関する研究 継続
蘇 宇 (中国) D1 チューニングVPA法を用いた洞爺湖産ヒメマスの資源評価 進学
馬場 真哉 M2 漁況予測 就職(キヤノンITソリューションズ)
松田 純佳 M2 漂着鯨類の胃内容物解析 進学
村上 祐一 M2 水産資源管理に関する研究 就職(函館市役所)
黒田 実加 M1 ネズミイルカ(Phocoena phocoena)のクリックス放射過程に関する音響学的検証 進学
芳山 拓 M1 内水面遊漁管理 進学
東坂 博樹 B4 鯨類分布を決定する要因 進学
福武 千尋 B4 MSC認証基準にもとづくスケトウダラ太平洋系群の資源管理評価 就職(日本政策金融公庫)
Krit Phusirimongkol(Thai SEAFDEC/TD) 訪問外国人研究員AASPP (9月)水産分野における人材養成 終了
Jariya Sornkliang(Thai SEAFDEC/TD) 訪問外国人研究員AASPP (10月)定置網漁業における漁業協同組合の役割 終了
Santi Pannusa(Thai KU) 交換留学生KU PARE (10月-3月)魚類外部形態による種同定 終了
宮田 克士(福井水試) 訪問研究員 (11月-1月)LPA 終了
2014 松石 隆 准教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 鯨類の座礁・漂着・混獲に関する研究 継続
蘇 宇 (中国) D2 チューニングVPA法を用いた洞爺湖産ヒメマスの資源評価 進級
松田 純佳 D1 漂着鯨類の胃内容物解析 進級
黒田 実加 M2 The structure of sound-propagating organs and the acoustic properties of clicks in small toothed whales(小型ハクジラ類における発音器官構造とクリックスの音響学的性質) 進学
芳山 拓 M2 「然別湖における希少魚ミヤベイワナを対象とした遊漁の持続可能性の検証」 進学
東坂 博樹 M1 A-Tagを用いた鯨類の漁具付近での行動解析 進級
前澤 知輝 B4 ネズミイルカの環境認知 休学
呉 登科(中国) 交換留学生(大連海洋大学) 水産資源学 帰国
2015 松石 隆 准教授 資源量推定および資源管理に関する研究 ネズミイルカの混獲防止に関する研究 鯨類の座礁・漂着・混獲に関する研究 継続
蘇 宇 (中国) D3 チューニングVPA法を用いた洞爺湖産ヒメマスの資源評価と資源管理 就職活動
松田 純佳 D2 漂着鯨類の胃内容物解析 継続
黒田 実加 D1 The structure of sound-propagating organs and the acoustic properties of clicks in small toothed whales(小型ハクジラ類における発音器官構造とクリックスの音響学的性質) 継続
芳山 拓 D1 「然別湖における希少魚ミヤベイワナを対象とした遊漁の持続可能性の検証」 継続
東坂 博樹 M2 Presence and behavior of harbor porpoises around a set net by using passive acoustic monitoring(受動的音響観測装置を用いた定置網近傍におけるネズミイルカの出現と行動) 就職(ラマイCo)
呉 登科(中国) M1(10月入学) 水産資源学 継続
神林 潤 B4 乗船実習鯨類目視調査における鯨類の出現状況と環境との関係 就職(調査員)
中屋敷 勇治 B4 Stock Synthesisの欠損を含むデータへの適用可能性の検討 就職(水産庁)
松井 菜月 B4 北海道周辺海域におけるネズミイルカPhocoena phocoenaの食性 進学
山本 佑樹 B4 Long-term shift in growth of Miyabe Char Salvelinus malma miyabei(ミヤベイワナSalvelinus malma miyabeiの成長解析) 進学(東北大)
前澤 知輝 B4 Difference of the approaching behaviour of harbour porpoise Phocoena phocoena?by vision and echolocation(ネズミイルカの視覚または反響定位による餌への接近行動の違い) 就職(全さんま)
李 知英(韓国) 2年(釜慶大 交換留学生) 聴講 終了帰国
齋藤 友則(宮崎水試) 訪問研究員(6-7月) 資源解析 終了

Mは修士課程、Dは博士課程、Gは漁業学科、Sは海洋生物生産科学科,Bは海洋生物科学科
学年に*が着いている人は、他研究室の所属。 研究テーマのうち「」は学位論文(学士・修士・博士)題目

CyberChimps